見出し画像

Youは何しにバイウィルへ? ~コンサルティングファーム出身者に聞きました~

こんにちは!
株式会社バイウィル(旧社名・フォワード)、HR担当の木村です。

コンサルタント職としてバイウィルに中途入社してくれるメンバーを見ると、コンサル経験者をはじめ、PR会社、クリエイティブブティック、研修会社などその経験はさまざま。
今回はそのなかから、「大手コンサルティングファームで活躍していた方が、なぜバイウィルを選んでくれたのか」について焦点を当て、バイウィルの面白さをお伝えしてまいります!

コンサルタントのこれまでの経験

まずは、弊社で活躍しているコンサルタントが過去、大手コンサルティングファームでどのような経験をしてきたのかについてご紹介します。

実は、マネージャークラスであっても、「ブランド創り」をどっぷり経験してきたというコンサルタントはそう多くありません。総合系コンサルティングファームで幅広い経験を積んできたメンバーが多いですが、特に以下のような領域を経験しているケースが多いです。

  • 中期経営計画・中長期の事業戦略策定

  • ミッション・ビジョン・バリュー策定

  • 組織変革

  • 生産性向上支援・働き方改革

  • 業務改善、業務効率化

つまり、「ブランド」を軸にして弊社がもつ広い事業領域のなかで、どこかの領域ではコンサルティング経験があるという方が、その領域を拡げたい・深めたいと思い、ジョインしてくれることが多いのです。

なお、バイウィルの事業についての詳細は、ぜひ以下よりご覧ください!

バイウィルで叶えたい想い

では、そのような彼らはどうしてバイウィルを選んでくれたのでしょうか?バイウィルに出会うまでに抱えていた課題感と、選考のなかで感じてくれた魅力に分けてご説明します。

抱えていた課題感

どういう悩みや課題感をもっていたのかについて聞いてみると、以下のような回答が。

  • 「会社は、変わりたいと思っていても簡単には変われない」と感じる経験が多々あり、「変わりたい」と思っている会社を本気で助けられる存在になりたかった

  • 超大規模なプロジェクトも多かったが、多くの人が「当事者意識が薄い」「やらされ感」を感じているような、想いの籠っていないプロジェクトを進めることもあり、やりがいを感じなくなった

  • 「効率化」「コスト削減」のようなマイナスを少なくすることよりも、「ポジティブな感情を創り出す」ことをやりたいと考えるようになった

  • 事業戦略を推進するには組織・人が大事、と感じており、事業戦略と組織戦略を並行して進められるコンサルティングの在り方を模索していた

バイウィルの選考で魅力に感じたポイント

そのような課題感を持っていたメンバーが、バイウィルに出会って魅力を感じてくれたポイントは以下のような点でした。

  • 会社規模も小さく、自身の仕事にグリップ感・手触り感を感じられそうだった

  • 「外部から指導する」というスタンスではなく、お客様と一緒に伴走しながら本質的な課題解決をしていこうという点に共感した

  • ブランド戦略・インナーブランディング・アウターブランディングという領域の広さに加え、新規事業開発も進めているなど、ベンチャー企業としての面白さも感じた

  • クライアントへの貢献だけではなく、「自ら会社を創る」という経験ができるフェーズだと感じた

  • 選考のなかでも、「人を大事にしたい」という意思が伝わってきた

  • アットホームで殺伐としていない、働きやすそうな環境だった

  • メンバーが人間らしく、個性豊かで面白そうだった

実際にバイウィルにジョインしてみて

そうして実際に入社してくれたメンバーに、入社後の感想やギャップについて聞いてみると、以下の回答がありました。

  • ベンチャーではあるが背景には歴史も実績もあり、思ったより社内はカオスではなかった

  • とはいえ、仕組みやフォーマットはやはり整備されておらず、自分の手で創っていく余地があるのは、大変ではあるが面白さを感じる

  • 年齢を問わず、成長や知識を得ることに貪欲なメンバーに囲まれ、刺激的

  • 研修や教育体制が綺麗に整っているわけではないものの、経験の浅いメンバーを皆で成長させていこうとする姿勢があるのがよい

  • 「できるようになったことを皆で褒め合う」「相手を尊重しながらフィードバックしあう」という文化も、コンサル会社には比較的珍しく、素敵だと感じている

  • アバウトな部分は多いが、その状況を楽しめる人にとっては自由度が高く楽しい

入社してよかったこと、嬉しかったこと

最後に、「バイウィルを選んでよかったな」と思ったポイントについて、メッセージを預かりました!

バイウィルに来て一番よかったことは、「一緒に仕事をするのが楽しいな」と思える仲間ができたことです。これまでのコンサルティングファームではあまり人と深く関わらずに働いてきましたが、今の同僚たちは人として大好きで、会いたいなと思える仲間と働ける幸せを感じています。
大きい会社だと、「誰かやるからいいや」「自分は関係ない」と当事者意識が低い人も少なからずいましたが、バイウィルは皆が仕事にもお客様にも一生懸命で、一緒に働いていて楽しいです。

ベテランの自分に対しても、今までの経験や築き上げてきたものを否定せず、認めてくれるところが有り難かったです。
「教えてください」「話を聞かせてください」とあらゆるメンバーが頼ってくれるところに、人として認められる感じがして嬉しかったですね。

これまでの会社では気づいていなかったのですが、実は社内政治でストレスを感じていたんだということを、バイウィルに来てはじめて認識しました。一緒に仕事をしていて嫌な気持ちになる人はひとりもおらず、余計な社内政治に気を回す必要もなく、お客様の課題解決に専念できていて快適です。
新卒入社してバイウィルで育ってきたメンバーもほかでは見たことがないくらい優秀で、議論をするのもとても楽しいですよ。

おわりに

大手コンサルティングファームでは叶えられなかった想いを、小規模かつ未成熟なバイウィルだからこそ叶えているメンバーの言葉をご紹介しました。

もちろん、良いところばかりではなく、課題もたくさんあります。ですが、それをも自分の手で変えていける環境があります。
良いところも課題もひっくるめて一緒に会社を創ること、ブランドコンサルティングでお客様の想いを叶えることに、魅力を感じてもらえていたら嬉しいです!


現在、バイウィルではコンサルタントポジションにて積極採用中です。
少しでもご関心をお持ちいただいた場合は、ぜひ以下よりお気軽にご連絡くださいませ!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!