見出し画像

コンサルタントがおすすめする本など、一挙ご紹介!|🗣️ブランドコンサルのよもやま話【後編】

こんにちは!
株式会社バイウィル(旧社名・フォワード)、HR担当の木村です。

前編に引き続き、「ブランドコンサルのよもやま話」と称して、メンバーに聞いた様々なお話をご紹介します!
今回は、おすすめの本や、仕事の参考になるコンテンツなどを聞いてまいりました!

仕事にまつわるお話をご紹介した前編はこちらです👇

Q. 後輩のコンサルタントや、これからブランドコンサルタントを目指す方におすすめの本は?

やはり、学びの方法は詳しい人に聞くのが一番!
ということで、コンサルティングやブランドコンサルティングの勉強になったという本について、まずは教えてもらいました!

  • ブランディング』 中村 正道 (著)


  • イシューからはじめよ』 安宅 和人 (著)


  • ロジカル・プレゼンテーション』 高田 貴久 (著)


  • 企業変革力』 ジョン・P.コッター (著)


  • デジタル時代の基礎知識『ブランディング』』 山口 義宏 (著)


  • 考える技術・書く技術』 バーバラ・ミント (著)


  • ビジネス数字力を鍛える』 田久保 善彦(著)


ちなみに、新卒やキャリアを問わず、新しく入社される方にバイウィルがおすすめしている本は以下の5つです。(2022年時点)

  1. デジタル時代の基礎知識『ブランディング』

  2. 実務家ブランド論

  3. ブランディング 7つの原則

  4. パーパス・ブランディング ~「何をやるか?」ではなく、「なぜやるか?」から考える

  5. パーパス 「意義化」する経済とその先

ブランディングにご関心のある方には、ぜひ参考にしていただけたら嬉しいです!


Q. 仕事観に影響をおよぼしたコンテンツ(本、映画、漫画…)は?

さらに、ブランディングやコンサルティングに限らず、仕事観に影響を受けたコンテンツについても聞いてきました!

書籍『SHOE DOG』  Phil Knight(著)
自分より大きな存在を倒す、常に背伸びして生きる、ワークとライフの融合など、自身の価値観とNIKE創業者の考えが近いと知れて、生き方に自信が持てたから(ブランドコンサル事業部・齋藤)

漫画・アニメ『スラムダンク
「ムリだっていうのはいつだって チャレンジしてない奴よね」
社会人7年目の時にこの言葉を思い出して、今後のキャリアを決めたので。(ブランドコンサル事業部・藤田)

書籍『論点思考』『仮説思考』  内田 和成(著)
コンサルタントが持つべき基本思想を、この本で身につけられたと思います。(ブランドコンサル事業部・角)

書籍『金持ち父さん 貧乏父さん』 ロバート・キヨサキ(著)
・働く意味を理解しないと人生で豊かになれないと感じたから(ブランドコンサル事業部・邨山)
・お金を得ることについて興味を持つきっかけになった(ブランドコンサル事業部・三角)

映画『僕たちは世界を変えることができない
何かに打ち込む熱量のすばらしさと、知らない世界に安易に足を踏み入れる怖さを知った(ブランドコンサル事業部・邨山)

おわりに

貪欲に仕事に取り組むコンサルタントがおすすめする本を知ると、さっそく本屋さんに行きたくなりますね!
コンサルタントを目指す方、コンサルティングを深めようとされている方だけでなく、多くの方の参考になっていたら嬉しいです。

また、今回のよもやま話を通して、少しでもバイウィルメンバーの仲間になることにご関心をもってくださった場合は、ぜひ以下よりお気軽にお問い合わせくださいませ!
今回もお読みいただき、ありがとうございました。

コンサルタントポジション積極採用中です!

また、「そもそもブランドコンサルティングって?」と思われた方に
ぜひおすすめしたい記事もご紹介いたします👇


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!